コロンビア産

コーヒーを控えた方がいい時間帯

コーヒー党の方にとっては、日々の生活に、コーヒーを欠かすことができない飲み物ですね。
朝起きた時、仕事中、食事の後や、休憩の時、リラックスしている時、寝る前など、どんなときにもコーヒーを飲んでいるという方も多いと思います。
健康や美容にも良いことでも、知られるようになったコーヒーですが、実は、いついかなる時にも飲んで良いというわけではなく、コーヒーを飲むことはできる限り控えた方が良い、という時間帯があることをご存知でしょうか。

コーヒー党ではなくても、朝一番にコーヒーを飲んでいる、という方は特に多いのではないかと思います。
それは、含まれているカフェインが、まだ眠くて、ぼんやりしている頭をすっきりさせるようなイメージが強いため、朝のコーヒーは身体に良いような印象があるからです。
しかし、最近の研究によりますと、朝のコーヒーは良いと、一概には言えなくなってきています。
確かにカフェインと、アデノシンという物質が、脳をすっきりさせるという役割はありますが、寝起きの頭にとって、良い効果があるとは言えない、と分かってきました。
アメリカの神経科学の研究で、起床に関係がある、コルチゾールというホルモンは、朝かなり早い時間に分泌されます。
コルチゾールは、起きることを促す役割があります。
起床した時に多くなり、9時ごろまで続きます。
このコルチゾールが多く分泌されている時間にカフェインを摂取すると、過剰な状態になるので、カフェインが効かない体質になってしまう可能性があります。

最も良い時間帯は、コルチゾールの分泌が落ち着く、朝9時ごろから11時ごろが良いと考えられます。
また、12時から13時ごろ、17時から18時ごろも避けると良いとされています。
また、寝る6時間前からカフェインを摂取すると、脳が休まらなくなりますので、できるだけ控えるようにしましょう。
コーヒーを飲むのに適している時間は、午前中と、午後のティータイムごろだと言えます。