コロンビア産

コロンビア産のコーヒー

コロンビアは、中米の国のひとつです。
コロンビア産のコーヒーは、世界でも、ブラジルに次いで第2位の生産量となっていて、コロンビアの主力産業であり、日本でも広く愛飲されています。
コロンビア産の特徴は、酸味が少なく、口当たりが良く、甘い香りがあるということが知られています。

コロンビアは、中米のアンデス山地のふもとにある、南北に長い国で、コーヒーが栽培されているのは、主に標高が高い地域です。
アンデス山脈の高い地域の土壌は、火山灰でできています。
火山灰の土は、水はけがよいことから、乾燥しがちな乾季の時期でも、水分を貯えて、コーヒーに十分な栄養を与えることができます。
そして、火山灰に含まれている成分である、硫黄は、コーヒー特有の香りのもととなっているのです。
高い場所で栽培されるコーヒーは、朝と夜の寒暖差がとても大きいことから、時間をかけてゆっくりと栽培されます。
そして、コーヒーの糖分が強くなります。
この、生のコーヒー豆に含まれている糖分は、コーヒーにするために行う焙煎の過程において、香りのもととなっていきます。
そしてまた、甘みも強くなるのです。
コロンビアは、日本と同じように、地方によって地形や、気候が大きく異なっています。
そのことから、地域によって、豆の味や大きさなどが変わってきます。

コロンビアは主に、北部、中部、南部と3つの地域に分けられています。
北部地域で育てられたコーヒーは、気温が高く、標高が比較的低いです。
酸味が抑えられた、チョコレートのような香りがする豆が栽培されることが特徴です。中部地方は、乾季と雨季、どちらも起こる気候です。
年間を通じて栽培され、主に年2回、収穫が行われています。果物のような香りがすることが特徴です。
南部地方は、赤道に近いので、標高が高い場所で栽培されていて、柑橘系の香りと、酸味が強いコーヒーが採れることが特徴です。
香りもよく快適な空間を作ってくれるのでより素晴らしい状態を楽しむ事が出来ます。